カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

鈴木健司 伊羅保 茶わん

鈴木健司 伊羅保 茶わん 正面

鈴木健司 伊羅保 茶わん 見込

鈴木健司 伊羅保 茶わん 箱蓋と布

寸法  :直径 約14.2cm
      高さ 約7.3cm

状態  :キズなし 共箱(ふたにわずかな反りあり)・共布付き


※中古品ですので、新品・新品同様品とは違い、わずかな付着物・汚れ、使用跡等がある場合があります。ご了承ください。


※デジタルカメラによる撮影のため、光の当たり方や撮影モードにより、色調が実物と異なって見える場合があります。ご了承ください。


※お使いの環境によって画像の色味や質感が実際の商品と異なる場合がございます。ご了承ください。

鈴木健司 伊羅保 茶わん

価格:

0円 (税込)

購入数:

在庫

×

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

鈴木健司 伊羅保 茶わん 正面

鈴木健司 伊羅保 茶わん 右から

鈴木健司 伊羅保 茶わん 後ろから

鈴木健司 伊羅保 茶わん 左から

鈴木健司 伊羅保 茶わん 見込

鈴木健司 伊羅保 茶わん 見込アップ

鈴木健司 伊羅保 茶わん 底面

鈴木健司 伊羅保 茶わん 底面高台アップ

鈴木健司 伊羅保 茶わん 斜め上から

鈴木健司 伊羅保 茶わん 箱蓋と布

鈴木健司 伊羅保 茶わん 箱蓋と布2

鈴木健司 伊羅保 茶わん 箱

鈴木 健司(すずき・けんじ) (1935[昭和10]年~2010[平成22]年)

京都市生まれ。1957[昭和32]年、京都市立美術大学陶磁器科を卒業。
1959[昭和34]年、京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)陶磁器専攻科修了。
在学中、富本憲吉、近藤悠三、藤本能道の薫陶を受ける。
修了後、京都陶芸家クラブに入会し、6代清水六兵衛に師事。
同年、京都市東山区泉涌寺東林町に開窯。
1965[昭和40]年、京都市立美術大学陶磁器科に7代清水六兵衛(清水九兵衛)のもと講師として6年間教職を勤める(昭和46年3月退職)。
1976[昭和51]年、京都市山科追分の里に窯を移す。日展出品委嘱作家展に出品する。

薪窯から電気窯への移行の先駆けとなり、チタン・マグネシウム・コバルトなどの新しい科学釉を用いて銀彩赤絵による色絵を描いた作品を製作しました。

ページトップへ