カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

中里重利 彫唐津 ぐい呑

中里重利 彫唐津 ぐい呑 箱とともに

中里重利 彫唐津 ぐい呑 見込

中里重利 彫唐津 ぐい呑 底面

寸法  :高さ  約5.2cm
      直径 約6cm(外寸)

状態  :キズなし 共箱・栞・布付き


※中古品ですので、新品・新品同様品とは違い、わずかな付着物・汚れ、使用跡等がある場合があります。ご了承ください。


※デジタルカメラによる撮影のため、光の当たり方や撮影モードにより、色調が実物と異なって見える場合があります。ご了承ください。


※お使いの環境によって画像の色味や質感が実際の商品と異なる場合がございます。ご了承ください。

中里重利 彫唐津 ぐい呑

価格:

0円 (税込)

購入数:

在庫

×

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

中里重利 彫唐津 ぐい呑 正面

中里重利 彫唐津 ぐい呑 右から

中里重利 彫唐津 ぐい呑 後ろから

中里重利 彫唐津 ぐい呑 左から

中里重利 彫唐津 ぐい呑 見込

中里重利 彫唐津 ぐい呑 底面

中里重利 彫唐津 ぐい呑 箱蓋裏落款と布

中里重利 彫唐津 ぐい呑 箱と栞

中里重利 彫唐津 ぐい呑 斜め上から


中里 重利(なかざと・しげとし) (1930[昭和5]年~2015[平成27]年)

1930[昭和5]年  12代中里太郎右衛門(無庵)の三男に生まれる
1944[昭和19]年 12代中里太郎右衛門に師事
1956[昭和31]年 現代日本陶芸展で松坂屋賞受賞
1965[昭和40]年 第8回日展にて三玄壷が特選北斗賞受賞
1966[昭和41]年 日展無鑑査となる。日展出品の灰釉壷が外務省買上になり、在外公館に陳列される
1969[昭和44]年 第8回日本現代工芸美術展無鑑査となる
1971[昭和46]年 日本現代工芸美術展審査員に就任
1973[昭和48]年 唐津市神田山口に築窯
1975[昭和50]年 第14回日本現代工芸美術展にて会員賞並びに文部大臣賞受賞
1976[昭和51]年 日展審査員となる。窯名を三玄窯とする
1980[昭和55]年 日本新工芸展にて会員賞並びに楠部賞受賞
1982[昭和57]年 日展審査員となる
1985[昭和60]年 佐賀県芸術文化功労者を受賞
1986[昭和61]年 日展評議員となる
2015[平成27]年 5月12日、腎不全のため死去。84歳

ページトップへ