カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

アピール

多少廃れてきましたが、
徒弟制度が未だ色濃く残る私どもの業界において
「丁稚」が修業時代に涵養すべきはーーー

真贋を見極める鑑識眼

でありましょうが、
作品そのものが持つ「作家のこだわりを見極めること」もその一つだと思います。

往々にして私どももこれを見逃しがちです。
何気ないところに秘められた超絶技巧や意匠の寓意性など、
「何気なく」私どももスルーしてしまうこともあります。
作品は「ここを見てほしい!」と身悶えしてアピールしていることでしょうね。

健気で奥床しいところを見出し、作品の意図を声にするーーーこれがわたくしどもの為すべきことと考えております。

ページトップへ