カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

無名と無銘

有名作家でない無名の不遇な作家を掘り起こすことも私どもの使命です。

「これほどの出来映えの作家がなぜ名前が通っていないのだろう?」
ということはしばしばあります。

早世したのか、生前まったく認められなかったのか?あるいは現在すっかり忘れ去られているのか?
無念だったろうか?あるいは世間から顧みられなくても喜々として製作に励んでいたのだろうか?

いずれにしても、「良い作品、良い仕事」を発掘し世に送り出してあげることが大事だと思います。


また、「無銘」とは、作品に作家の名前が入っていないものを指します。
武家・公家からの注文作品にはこういうことが多いのですが(作者が名前を入れることは不遜とされた)、そうではない良品に銘が入っていないとき、作家の無欲さに触れ、感銘を受けることも多くあります。

「無名」「無銘」いずれにしても有名作家というブランドにこだわらないのが私どものスタンスです。

ページトップへ